過払い金請求と消費者金融の金利の変遷について

過払い金請求というのは、具体的にどのようなものなのでしょうか。これは一口でいえば、かつて消費者金融を利用していた人たちが、払い過ぎた金利を取り戻すためのものです。

では、なぜ金利を払い過ぎるということが起きたのでしょうか。

2010年以前の消費者金融では、法定金利は20パーセントと決められていましたが、29.2パーセントまでの金利なら罰則規定がなかったため、実質的に20パーセント以上の金利で貸し付けが行われていました。
しかしこれが最高裁の判決で問題視されるようになりました。つまり消費者金融を利用していた人たちは、違法の金利の分、実際よりも多く返済をしていたわけです。

日本経済新聞情報を集めました。

そのため、この払い過ぎた金利の分、つまり過払い金を取り戻そうという声が上がるようになりました。
その後改正貸金業法が施行されたため、現在では20パーセント以上の金利をつけた業者は、処罰の対象になります。

杉山事務所の最新情報を見つけよう。

この過払い金請求は、最終取引から10年以内でしたら今でも行うことができます。


自分で計算し直すことも出来ますが、金融機関への交渉のことを考えると、やはり弁護士や司法書士に依頼するのがお勧めです。

依頼する時は、できるだけ契約書や取引履歴の書類といった、その当時の取引がはっきりわかる物を持参するようにしましょう。



また、過払い金請求をすると、ブラックリストに載るのではないかと心配する人もいますが、過払い金をチェックしてもらうだけなら、信用情報にブラックがつくことはまずありません。