過払い金請求でお金が戻ってこないケースとは

過払い金請求の件数はまだまだ多くありますが、それでも当初よりも件数が減ってきています。

もちろん、既にお金を受け取ったので件数も減っているという側面もありますが、お金が戻ってこないので申請すらしていないという人が出てきているという理由もあります。

日本経済新聞についての意見を伺いました。

つまり、過払い金請求ができない、もしくは行っても期待通りの結果が得られないからです。


まず過払い金請求が出来ない自由ですが、これは時効によるものです。

債権の消滅時効は10年とされています。

最後の取引、つまり最後の返済から時効が発生し、10年が経過すると時効が成立し、異議申し立ては出来なくなってしまうのです。

最高の過払いの請求をご提案いたします。

次に、期待通りの結果が得られないケースですが、これは消費者金融などが倒産してしまう場合です。



倒産してしまえば、基本的にはお金は一銭も戻ってきません。
ただし、倒産後、一定期間の間だけは過払い金請求を受け付けます。

その期間が経過すれば受け付けてもらえないので、申請すら出来なくなります。

また、受け付けてもらえても、本来取り戻すことが出来るはずの過払い金全額が戻ってくるという保証はありません。


というのも、倒産しているわけですから、現在所有している資産か負債分を整理し、残ったお金を等分するからです。

残った資産が多ければたくさんのお金が戻ってきますが、最悪のケースでは全く戻ってこないという場合も想定されます。

以上のことから、気がついたときにはすぐに請求手続きを行った方がよいと言えます。