過払い金請求が出来る人

過払い金とは、簡単に言えば消費者金融会社やカード会社などに支払いすぎた利息分のお金のことです。なぜ発生するのかというと、貸金業者にはお金を貸す時に守らなければならない出資法と利息制限法という法律が2つあり、以前はこの2つの法律で利息の上限が異なっていたからです。
そのため、この二つの法律が改正される以前までは、多くの貸金業者が利息の高い方の上限金利を使っていたため、法律が改正された後に支払い過ぎていた利息分が過払い金として発生することとなったのです。



このようなことから考えると過払い金請求が出来る人は、ある程度限られていることが分かるはずです。

安心安全のOKWave情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

基本的には法律改正以前に消費者金融会社やカード会社にお金を借りていた人全員に請求できる可能性があるといえます。
もちろん既に完済済みだったとしても、法律改正以前の話であれば請求は可能です。


また借金の原因によっては請求が出来ない、手続きを始めると金融業者に嫌がらせを受けるなどというような噂を聞いたことがあるかもしれませんが、実際にはそのようなことはありません。

過払い金請求は法的に認められたて手続きですので、借金の原因などによって出来る出来ないが決められるわけではありませんし、手続きを始めた顧客に対して金融業者が嫌がらせをすれば逆に違法となります。
ですので、昔お金を借りていたり、長い間、返済を続けているなど心当たりがある場合は、まず自分に過払い金が発生していないのかを調べてみるとよいでしょう。

これだけは知っておきたい過払い金のオススメ最新情報を幅広く集めたサイトです。